our mission一握りの茶葉から始まった
私たちのミッション。

ISA.BRAND LEAVESが誕生したきっかけは、創始者が名も知らずに出逢った一握りの茶葉でした。この茶葉との出逢いがもたらした体験こそは、自然の偉大さや、自然と人の奇跡的とも言える関係性を目の当たりにするものだったのです。それは実に、驚き、感動、よろこびに満ちた体験で、創始者はその時、まるで「しあわせの種」を手にしたような気持ちだったと振り返ります。そんな一握りの茶葉が届けてくれたこの感動は、限られた人のものではなく、特別なものではありません。自然と共存することの素晴らしさや、自然の恩恵の大切さと向かい合うことができれば誰もが体験できるものなのです。例えば、幼い頃ケガをした時におばあちゃんに野草で手当てしてもらった...そんな経験がありませんか?私たち人間は古くから自然とともに生きてきて自然から沢山の恩恵をもらい、その感謝の気持ちを込めて自然を大切にしてきた歴史があったのです。しかし、私たちの暮らす環境は文明の進歩と共に変わり、自然と疎遠になっていきました。そんな時代だからこそ今、この自然と共に暮らすよろこび、感動を現代に暮らす人々に見つめなおして欲しいと願って、古来伝承の天然素材をはじめ、自然と共存してきた先人のライフスタイルに到るまで、長年の研究を経て立ち上げたのがISA.BRAND LEAVESなのです。

『調身・調息・調心』
先人の教えに学ぶホリスティック[全体的]ケア

  • 日本古来より伝わる禅の教えの中に『調身・調息・調心』というものがあります。身体を調えると息が調い心までも調うという、心と身体がすべて調ってこその健全をうたった、自然の一員である人本来の在り方を説いた思想です。この考えは細胞や臓器単位での部分的な健全を目指した西洋医学とは異なり『全体的な健全』を基本と考える東洋医学の思想にも通じています。この数年西洋医学では、行き詰まりを感じる治療の限界を東洋医学の思想を取り入れることで超えようとする動きがあるほど、この『全体的な健全』が今、健康・美容に関連する様々な分野で重要視されています。私たちは創立当時から先人の在り方に学び、ただ健康や美しさを目指すのではなく、身体の内側、外側、心、環境や人との関わりなど、人の生に関わる全ての健全 (ホリスティックケア)を提供するためのブランドを目指してきました。これからもっともっと必要となってくる『全体的な健全』づくりを古くて新しいこれまでにない形で提供していきたいと考えています。

報本反始

  • 報本反始とは、自然や祖先の恩恵に報いるという姿勢を意味する古来よりの言葉。私たちが本来あるべき自然な生き方を意識することや、今生きていることへの感謝の気持ちを持つことで、日々の暮らしに豊かな心やゆとり、健全さを見出すことができる、そんな先人からのメッセージです。ISA.BRAND LEAVESはこの報本反始の姿勢に、現代人が今、そしてこれからを健やかに美しく暮らしていくためのヒント、つまり、現代人のしあわせの核心を感じています。私たちは、母なる自然や先人への敬意を忘れず、人として本来あるべきナチュラルで美しい生き方を多くの人に伝えていくこと、楽しく充実した豊かな暮らしをお手伝いすることを使命と考えています。

キレイを楽しく。

  • 生きていく中で何より一番大切なことは、健康に、毎日を楽しく過ごせること。身体も心もともに健全であることは豊かな暮らしに不可欠です。しかし、多忙な現代生活では美しく健やかな毎日を維持することはとても難しいものです。私たちは、そんな現代人が美しく豊かで楽しい暮らしを送るためにできることは?と問い続けてきた中で、自然に抗わず、自然とともに生きること、年を重ねることを恐れず、楽しみながら過ごすことこそ、今現代人が見つめ直すべきものだと感じます。私たちは自然の力を借りて本来あるべき健全な姿を身体の中からつくることが本当の美しい生き方だと考え、『キレイを楽しく』というテーマを掲げ、日々美しく豊かな暮らしのための新たな提案を続けています。

ワクワクするもの。

  • すごく良いものに出会った時、あなたはどう感じますか? 独り占めしたい気持ち?いろんな人に教えたい気持ち?そんなワクワクできるものが私たちの目指す製品です。いえ、ブランド自体がそんな存在でありたいと考えています。驚きや感動は、しあわせの原動力です。わたしたちは常に製品や理念にこのワクワク感を持っています。例えば、あの人にこんな物を見せたらどんな顔をして喜ぶだろう?どんなセリフを言うだろう?きっとこんなことを言ってくれるんじゃないかな?...。そんなことを考えるのが私たちの大切な仕事なのです。価値のあるものは、全て人の心を揺さぶるもの。私たちは製品を人だけでなく、人の心に届けるために日々ワクワクを探しています。

世界をつなぐこと。

  • たった一度の人との出会い。それは、私たちの人生の財産です。古くから伝わる茶道由来の『一期一会』という言葉に込められた、「今出会っている相手に精一杯の気持ちで向かいましょう」というメッセージの本質は、「たった一度の出会いを何度も出会える関係に」という繋がりを広げることの大切さを伝えるもの。私たちは、この素敵なメッセージこそ、しあわせの形を言い表すものだと感じます。少し大げさな想いかも知れませんが、日本で古くから伝わる習わしの『おもてなし』の心や、誰かの力になれる包容力、人と繋がることのよろこびをカタチにして、世界中の人々をしあわせという絆で繋げること、それがとても大きな私たちの目指す未来です。

▲ページトップへ戻る

ページのトップへ